WiMAXはそもそも1年契約で速度もそれほど高速なものではありませんでした。

以前は42Mbpsが理論値でしたから、よほど環境が良くない限りは数Mpbsでていれば十分でした。
それでも人気があったのは制限が一切なかったから。

いくら使っても制限がかからないし、どれだけつなぎ続けても問題ありませんでした。BIGLOBE WIMAXなんかは8時間連続で利用し続けると一度回線を切断するという措置をとっていましたが、むしろそうしたプロバイダが少数派でほとんどのプロバイダはペナルティなしで接続ができていました。

このころのライバル回線といえばイーモバイル(現在のワイモバイル)WiMAXと同じようにモバイルルータを販売していました。

ほとんど契約プランも一緒。速度もほぼ一緒でした。

現在は両社ともにLTEが使えるようになっていて、契約は3年プランになっています。そもそも1年契約できていたWIMAXは素晴らしいと思います。

WIMAX2+もだんだんと利用できる場所が増えてきました。昔のWiMAXと比べると室内でも電波がつかみやすくなっていますし(とくにファーウェイ社製のW06は速いし、電波をつかみやすいです。NEC製の方はその点イマイチです。)LTEが無料で利用できるようになって、死角がなくなってきたように思えます。

その分契約年数が延びたものの、それだけサービスの質もあがってきています。

光回線も混雑で回線速度が落ちてきていますし、結局のところ有線よりも無線のほうが便利なのかもしれません。

WiMAXはエリアが広がったことでさらに利便性を上げています。たとえば今だと格安SIMとセットで利用している人は多いのではないでしょうか。

一応、格安SIMで携帯の電話番号をとっておいて基本的にネット接続はWIMAXで繋ぐ人も少なくないでしょう。

これなら格安SIMが1000円程度、WiMAXが実質3500円くらいですから月あたり4500円で月間の容量制限なしでインターネット接続できます。

タブレットも携帯も、パソコンも接続できます。

便利なものです。